株とは何か

日々の経済ニュースでかならずコメン卜される株式市況。株価が上がったり、下がったりするたびに経済への影響に言及されるが、いったい株とは何か?

株とはお金を出した証拠

株は、お金を出しましたという証拠だ。

たとえば、新しく仕事を始めるとする。大金持ちでなければ、仕事を始めるお金をほかから用意しなければならない。

そんなとき、株というしくみがある。いろんな人からお金を出してもらい、その証拠に渡すのが株。集めたお金で仕事をして、儲けが出たら、分け前を払う。これが配当。

株を発行して集めた資金で始める会社を株式会社といい、お金を出してくれた人は株主と呼ばれる。株主あっての株式会社。会社は年に一回、株主総会を聞いて、株主に経営方針を説明し、了解をもらう必要がある。

株は株式市場で売り買いされる

株主は、株を持っている会社の経営がうまくいくと、毎年、配当を受け取れる。株を持っているだけでお金が入ってくるわけだから、その株をほしいと思う人が出てくる。すると、株の売り買いが始まる。その株を売買する場所が株式市場。

儲かっている会社は配当が多く出るから、その会社の株をほしいという人が多くなり、人気が上がる分、株の値段も上がる。最初に売り出した価格に関係なく、株の値段が上下するようになるのだ。

すると、株を買って、買ったときより高い値段で売れば、儲けることができる。

こうなると、株を持っていて配当を受け取ることを考える株主以外に、「株を安く買って高く売ろう」ということだけを考える人が出てくる。

このような人たちが大勢いるので、株式市場が成立するのだ。

ところで、日本では株というと、儲ける手段というイメージが先行していますが、実はそれだけではない。株を買うことは、その会社を応援すること、ひいては経済活動に参加することでもある。

アメリカなどで株式投資に対する意欲が高いのは、小学生のころから、こうした株取引に関する教育がなされているからだ。

株価が下がるとなぜ、景気が悪くなる?

株価の数字は、毎日ニュースになる。「株価は景気のバロメーター」とも言われる。

株価が上がると景気が回復する兆しではないかと見られ、株価が下がると、景気が悪化するのではないかと考えられているからだ。それは、いったいどうしてか。

株価が上がれば、株を持っている会社や個人が儲かるようになる。儲けたお金で企業が新たな投資をしたり、個人が高級自動車やマンションを買ったりすれば、いろいろな商品が売れるようになって、全体の景気が良くなる。

株価が下がれば、これとは反対のことが起こる。

景気が良くなれば株価も上がる

景気が良くなれば会社の業績が上がる。

株を売買する人たちは、常に「どんな株が値上がりするだろう?」と、業績のいい会社を探しているから、「あの会社は業績がいい。ますます利益が上がりそうだ」という情報をつかめば、その会社の株を買うという行動をとる。

買う人が多ければ、需要と供給の関係で、株の値段が上がることになる。

多くの投資家が、「値上がりする前に株を買っておこう」という行動に出て、結果として株価が値上がりする。こうした企業がいくつもあれば、株式市場全体の平均株価も上昇する。

「株価が上がるから景気が良くなる」と言えるのと同時に、「景気が良くなるから株価が上がる」という構造にもなっている。

ところで、「株で大儲け」を望む人は多いが、株の購入にはまとまったお金が必要となる。

でも、株が常に売買されているので、会社が新しく株を発行すると、すぐに売れるしくみになっているのだ。

これにより、会社は仕事に必要な資金を得ること、ができる。